2022-12-05

自分にぴったりのサッカーボールの選び方

1 min read

最も人気のあるチームスポーツの一つであり、多くの人がプレイしているサッカー。学校の部活でもサッカーは人気を集めていますよね!

サッカーをプレイするのであれば自宅での練習のために、サッカーボールを購入しておくといいでしょう。

そこでこの記事では、サッカーボールを購入する前に、いくつかの重要なポイントをご紹介します。これからサッカーボールを買おうと考えている方は、ぜひ参考にしてみましょう。

素材

最初に確認したいのが、サッカーボールの素材です。サッカーボールの素材は耐久性に大きく影響します。ほとんどのサッカーボールの素材は、発泡体、ゴム(合成皮革)、本革を使用しており、それぞれで大きく異なります。

素材によって触った時に感じが大きく異なるので、自分の好きなものを選ぶのがいいでしょう。

発泡スチロールは、低価格で非常に軽量なのが特徴です。柔らかい素材なのでサッカーを始めたばかりに子供におすすめの素材だといえます。また、レクリエーション用のボールとしても最適だといえます。発泡体のボールは、ゴム製や革製のものに比べて耐久性は劣りますが、手頃な価格で手に入るのが魅力です。

ゴムまたは合成皮革のサッカーボールは、耐久性があるのが魅力です。ゴムや合成皮革は本革よりも湿気に強く、過酷な環境下で放置しても膨らむ心配がありません。 

最後に本革ですが、本革はサッカーの素材で一番高品質なものだといえます。本革を使用したボールはなめし加工が施されているため、乾いた状態では非常に握りやすいという特徴があります。耐久性を重視したいのであれば、少し値段が高くなりますが、本革を使用したものを選ぶのをお勧めします。

サイズ

サッカーボールにはいろいろなサイズがあります。適切なサイズのフットボールを選ぶ際には、使用する人の手の大きさを考慮する必要があります。そのため、サイズを選ぶ際には、年齢によって適したサイズのサッカーボールを選ぶのがいいでしょう。

年齢に適したサッカーボールは以下の通りです。

ピー・ウィー・ボール:6~9歳に最適

ジュニア・ボール:9~12歳のに最適

ユース・ボール:12-14歳に最適

オフィシャルフットボール:14歳以上に最適

上記のように年齢に合ったサイズのサッカーボールを選ぶことで、自分の手、自分のプレーに合ったサッカーボールを選ぶことができます。

購入する前に試してみよう

サッカーボールを購入する際に、事前に試すことをお勧めします。スポーツ専門店などでは、試すためのスペースを設けていることがあるので、実際に軽くけってみたり、手で触ってみたりなど、自分の感覚にフィットするかを試してみることをお勧めします。

また、ボールは購入する前に、よく目で確認することをおすすめします。まずは、縫い目に問題がないかどうかを確認します。次に、パネルが欠けていたり、緩んでいたりしていないかもしっかりと見てみましょう。ゆがみなどがあると、実際にプレイした時に影響があるので、このようなボールは練習にはふさわしくないといえます。

自分にぴったりのサッカーボールを選ぼう

サッカーボールを選ぶ際にチェックすべき重要な点は素材とサイズ。この点をしっかりとチェックして、自分に合ったサッカーボールを選びましょう。