2021-12-07

2021年ホームワークアウトをアップグレードするおすすめのフィットネスガジェット

1 min read

2020年の新柄コロナウィルスのパンデミックによる隔離期間中に、デジタルフィットネスがブームとなりました。ジムに行くことができなくなったことにより、自宅で簡単にできるフィットネスが注目されるようになったのです。

そして、自宅のフィットネスに利用できるガジェットもたくさん販売されるようになりました。

そこでこの記事では、自宅でのエクササイズをレベルアップしてくれる2021年のベスト・フィットネス・ガジェットを紹介します。

ウェーブローラー

Wave RollerはTherabody社が販売してホームフィットネス用のガジェットです。Wave Rollerは、5段階の強度で治療効果のある振動を与え、筋肉の回復を促進してくれるというもの。さらに、このWave RollerはBluetooth対応となっているので、遠隔操作をすることもでき舞うs。

Wave Rollerではスマートフォンから、ローリングセッションをカスタマイズしたり、回復状況を追跡したり、携帯電話からガイド付きのウォームアップやクールダウンを行ったりすることができます。

スタジオ 

FORME Life Studioは、フィットネスの専門店のような体験を自宅でできるスマートミラーのこと。

筋力トレーニング、カーディオ、ヨガ、ボクシングなど実際のトレーナーによるワークアウトを巨大なミラーで放送してくれます。

さらに、ディスプレイはタッチと音声で操作できる他、フィットネスレベルに応じてコーチングをカスタマイズするA.I.テクノロジーを搭載。

また、負荷装置を内蔵したStudio Liftバージョンを選ぶこともできるので、自宅でかなりハイクオリティなフィットネスをすることができるのです。

フィットネスをするとき以外は、インテリアとしても活用可能。スタジオはスペースを取る分しっかりとインテリアになじむようにデザインされているので、自宅に置いておいても邪魔になるようなことはありません。

WHOOPストラップ

超スマートなトラッカーとして販売されたWHOOPストラップ。

WHOOPストラップの最新シリーズはバッテリー寿命の向上されており、なんと充電なしで5日間も持つことができます。

そして、吸汗性、リカバリーレベルに応じて、さらにフィットネスをするべきか、少しペースを緩めるべきかなど、リアルタイムでアドバイスをshてくれます。

さらに、ワークアウト、睡眠、回復などを測定し、防水センサーが測定値をアプリに送信することで、継続的かつ徹底的に体に関する情報を得ることができます。

スマートかつスタイリッシュなデザインになっているので、普段からつけていても不自然でないのも素晴らしい点だといえるでしょう。

Hypervolt GO 

Hypervolt GOは、3段階の速度で強力なパルスを発生させ、筋肉をマッサージしてくれるというハイテクノロジーなフィットネスガジェット。どこにいても筋肉のハリや痛みを抑えることができます。

重さはわずか1.5kgなので、持ち運びに最適!旅行の時などに持ち歩くのもいいでしょう。

Tissue Bundle

SPRYNG Deep Tissue Bundleは、ハードな運動をした後にふくらはぎに巻いて使用する携帯用コンプレッションラップ。

そして、筋肉の回復を促進してくれます。Tissue Bundleは内側の層が筋肉に圧力をかけて血行を促進し、痛みやコリを和らげてくれます。そのため、翌日の体の動きをより活性化してくれるのです。

エクサム クルーソックス

Vive Wear社が販売したExum Crew Socks。Exum Crew Socksは、銀と銅のナノ粒子を使用しており、汗をかくと活性化され、微小電流が流れて血行を促進し、炎症を抑えて筋肉の回復を促します。

このExum Crew Socksのおかげで、汗をかいた後でも足がすっきりとして、快適な履き心地を維持することができます。

Brrrn Board

Brrrn Boardは、ニューヨークのフィットネススタジオ「Brrn」が開発した、長さ5~6フィートのスライドボード。

このBrrrn Boardを利用すると、自宅で滑りやすい有酸素運動や筋力トレーニングを快適に行うことができます。

また、Brrrn Boardには、Brrrnスタジオのオンデマンドライブラリに登録されたスライドクラスが含まれており、左右に動くことでパワーと敏捷性を高めることができます。