2022-10-07

初心者のためのバルキングとカッティングのガイド

身体を鍛えるためには、バルキングとカッティングを行うことが大切です。

ただし、これらが何かよくわからないという人が多いことでしょう。

簡単に言えば、バルキングとは、過剰な食事をし、重いウェイトを持ち上げて筋肉を増やすことです。

筋肉の増加と同時に脂肪の増加も避けられないため、もう一方の「カッティング」サイクルで調整をします。カッティングでは、カロリー不足の状態で食事をし、ワークアウトルーティンを変更することで、最大限の脂肪を燃焼させながら、せっかく鍛えた筋肉と体力をできるだけ維持します。

しかし、具体的にはどのようにどのようにバルキングとカッティングをしたらいいかわからないという人が多いことでしょう。

そこでこの記事では、初心者向けにバルキングとカッティングを成功させるためのヒントをご紹介します。

初心者のためのバルキング

まずバルキングにおいて重要なことは、カロリーオーバーで食べるということです。筋肉を大きく成長させるためには、カロリーオーバーの食事をする必要があります。一般的に、カロリーオーバーの状態で食事をすると、体は筋肉や骨などの新しい組織が作られる成長段階に入ります。これによって、筋肉を増やすことができます。ただし、この際、体力と体重が徐々に増加し、脂肪の増加が少ないように調整することが大切です。

次に、バルキングにおいては適度なたんぱく質と脂肪、炭水化物を摂ることが必要です。

低炭水化物ダイエットは、さまざまな理由で人気がありますが、バルキングのための方法としては適していません。バルキングには炭水化物を摂取して生成されるグリコーゲンを必要とするためにです。また、炭水化物の摂取に伴うインスリンの分泌量の増加は、筋肉の成長を促進する役割を果たします。そのため、できる限り炭水化物を取るようにしましょう。

初心者のためのカッティング

カッティングでは、カロリー不足にならないように食べることが大切です。

バルクキングの目的がカロリーオーバーであるのと同様に、カッティングの目的はカロリーオフとなります。これによって、体内の組織が分解される「カタボリック」な状態になることができます。ただし、摂取カロリーが低すぎてもいけません。

次に、カッティングではインスリンを減らして脂肪燃焼を促進することが需要です。低炭水化物ダイエットや炭水化物バックロード、断食などの手法は、体内のインスリン濃度を下げ、インスリン感受性を向上させることができます。

また、カッティングではには心拍数を上げてカロリーを大幅に消費するエクササイズあ効果的です。休憩時間を短くしたり、スーパーセットをしたりすることで、効率的にカッティングを行うことができます。

最後に、タンパク質の摂取量を増やすこともバルキングにおいては重要です。これにより、組織が衰えたときに筋肉を維持するのに役立ちます。