2021-12-07

健康な食

お米や麺類、パンなどの炭水化物は、脳の働きを活性化したり、エネルギーを作るために大切な役割をしています。一日に適量は食べる必要があります。 炭水化物の働き お米や麺類、パンなどの炭水化物は、体内に入ると糖質に変化するのでエネルギーを作る働きをしています。脳を活性化させて、集中力や気力を高める働きがあります。食べ過ぎると、すい臓に負担が掛かってしまい、血糖値が急上昇したり、太りやすくなってしまいます。血糖値が高めの人は、糖尿病などの病気を予防するために、血糖値が上がりにくい、そば、雑穀米、玄米、ライ麦パンなどを選んで食べるのがお勧めです。白米や菓子パンは、血糖値が上がりやすいので、血糖値が高めの人は適量を守って食べることが大事です。カレーやシチューなどのルーなどにも、炭水化物が含まれています。ゆっくりとよく噛んで食べることで、血糖値の上昇を抑えることが出来ます。30代後半を過ぎると、男女共に代謝が落ちて太りやすくなります。食べる量が少なくても、太りやすくなるので、低糖質の食事を心掛けることが大事です。ご飯やパンなどを食べる前に、野菜サラダやみそ汁、スープなどを食べることで、血糖値が上がりにくくなります。 糖尿病ではなく、健康な人は適量の炭水化物は食べることが大事です。 炭水化物は食べたほうがいい! 炭水化物はタンパク質、脂質などの3大栄養素と言われているので、生命を維持するために欠かせない栄養素のひとつです。さつまいもやじゃがいもなどは、比較的低カロリーなので、適量は食べても問題はありません。部活などでスポーツをしている人、肉体労働をしている人は、一日に必要な量の炭水化物を補うことが大事です。血液検査で血糖値が高めだと指摘されている場合は、甘いお菓子類、糖質を多く含んでいる食材は適量を守ることが大事です。糖尿病の治療中でも、たまには甘味が摂りたくなることがあります。インターネット通販の専門店では、低糖質のクッキーなどの焼き菓子、チョコレート、羊羹などが販売されています。甘味が欲しくなった時に、適量を食べるのは問題はありません。炭水化物は食べ過ぎると、内臓脂肪が付きやすくなるので、健康診断でメタボを指摘されている人は食べ過ぎは禁物です。書店やインターネットの本屋では、低糖質の献立が紹介されている書籍が販売されています。調理をする時は、上白糖よりも、きび砂糖や蜂蜜などを使用するのがお勧めです。きび砂糖や蜂蜜などは、ミネラル成分が豊富に含まれているので、上白糖よりもヘルシーです。 結論としては、炭水化物は私たちの体に必要なので、食べたほうがいいといえます。ただし、その量には注意をする必要があります。適度な量をただしく食べることが大切です。

1 min read

最近では料理のレシピはインターネットで取得するのが一般的です。たくさんの料理サイトがあるので、簡単にレシピを調べることができますよね! また、ここ数年で料理関連のユーチューブチャンネルも増えました。 そこでこの記事では、人気の料理関連のユーチューブチャンネルを紹介します。ぜひ参考にしてみましょう。 料理研究家リュウジのバズレシピ 料理研究家リュウジのバズレシピは、短い時間でレシピを紹介している便利なユーチューブチャンネル。電子レンジで作れてしまうなど、簡単なレシピをたくさん紹介しているので、初心者にもおすすめのユーチューブチャンネルだといえます。 あた、ちょっとしたテクニックも教えてくれるので、料理の腕を上げたいという人にもおすすめ! きまぐれクックKimagure Cook きまぐれクックKimagure Cookは大胆な料理シーンが人気を集めているユーチューブチャンネル。例えば、巨大魚をそのままカメラの中に持ち込み、一人で解体してしまうなど、迫力のある動画が人気を集めています。 動画としてのエンターテインメント性が高いので、おもしろい料理動画が見たい、という人におすすめのユーチューブチャンネルとなります。 谷やん(谷崎鷹人) 「谷やん(谷崎鷹人)」は、大食い番組でもおなじみの谷やんが料理を作りながら大食いするのというユーチューブチャンネル。 デカ盛り料理を作るのがこのユーチューブチャンネルの特徴であり、デミグラスソースを数日かけて仕込んだり、ラーメンスープの出汁を骨からとったりなど、かなり本格的な料理シーンも見ることができます。また、作った料理はすべてきれいに食べてくれるので、気持ちがいいのもこのユーチューブチャンネルの魅力です。 1人前食堂…

1 min read

体重を減らしたい、元気になりたい、筋肉をつけたい、とう人は多いのではないでしょうか?そのような方は、マクロを計算し、カロリーを記録することがおすすめです。 マクロを計算する重要性 健康的な食事をするためには、単にカロリーを計算するだけではありません。本当の意味でバランスのとれた食事をするには、体にエネルギーを与え、消化器官の働きを助ける様々な栄養素を摂取する必要があります。ダイエットでも健康維持でも、自分が食べているものを把握するには、多量栄養素を記録するのが一番です。カロリーだけを気にするよりも、より早く健康やフィットネスの目標を達成することができるからです。 また、カロリーよりもマクロを記録することで、どのような食べ物を食べると気分が良いのか悪いのか、どのような食べ物が運動能力を向上させるのか、どのような食べ物が集中力を高めるのか引きずるのかを理解することができるようになります。さらにマクロを計算することで、現在の食習慣を長期的に見てより健康的なパターンに変えるのにも役立ちます。 マクロ量の計算方法 ここでは実際にマクロを計算する方法を見ていきましょう。 1. まず、自分が1日にどのくらいのカロリーを食べているのか(または食べたいのか)を知る必要があります。女性の場合、1日あたりおよそ2,300キロカロリーだといえるでしょう。 2. 次に、自分の理想的な比率を決めます。私の場合、炭水化物50%、脂肪25%、たんぱく質25%くらいがいいといえます。ただし、この比率は個人によって異なります。 3. そして、1日の総カロリーに比率をかけます。 4. 最後に、あなたのカロリー量を、そのカロリーパーグラム数で割ります。 私の場合、各マクロ栄養素のカロリーを計算する方法は以下の通りです。…