2022-08-19

1 min read

最近ではいろいろなところで実用化が進んでいるバーチャルリアリティー。日常生活でもバーチャルリアリティーを使うシーンが徐々に増えてきています。そして、バーチャルリアリティーの使い道の1つとして挙げられるのが、サッカーのトレーニングです。では、バーチャルリアリティーを使用した場合、どのようにトレーニングをすることができるのでしょうか? この記事では、サッカーのトレーニングにバーチャルリアリティーについて解説します。また、バーチャルリアリティーを使用してサッカーのトレーニングをするメリットについても考えていきましょう。 バーチャルリアリティーとサッカーのトレーニング バーチャルリアリティーとサッカーのトレーニングの融合を目指している団体に「American Youth Soccer Cooperative for Esports(AYCE)」があります。 「American Youth Soccer Cooperative for Esports(AYCE)」は実際のアスリートをバーチャル空間内でトレーニングさせる団体として注目されています。…

1 min read

スムージーは、美容に敏感な女性の方に昨今人気ですね。 ジューススタンドが街中にあったり、自宅でもミキサーなどを使って作ったりできるため、スムージーは私達の身近に存在しています。そんなスムージーの長所と短所が気になる方も多いのではないでしょうか。 そこで今回はスムージーの概要や長所と短所について解説します。 スムージーの効能を知り、 賢く利用し美や健康に活かすことができるようになるため、是非ご覧ください。 スムージーの概要 改めてスムージーとは何でしょうか。スムージーの概要についてお伝えします。 スムージーとは、野菜や果物を生のまま使った ドリンクで皮や種も丸ごと使います。 ちなみに野菜ジュースやフルーツジュースは、 野菜や果物を使用することは共通していますが 皮や種を取り除いたもので、スムージーとは差別化されるのです。 スムージーは適度に野菜の食感なども残っており、ドロッとしている点も特徴です。スムージーは健康でありながら、おいしくいただけるのが魅力的だといえるでしょう。そのため、毎日飲んでも飽きることはありません。その日の気分によって、使用するフルーツや野菜を自由に変えられるのもスムージーの魅力だといえますよね! スムージーの短所 スムージーの短所として、取り方によっては老化が進むかもしれません。…

1 min read

ここ数年でスマートフォンが普及し、今では一人1台スマートフォンを持っているのが普通になりました。 そして、スマートフォンの普及に伴い、たくさんのアプリがリリースされています。アプリにはいろいろな種類があり、中にはサッカートレーニングをすることができるものあります。 そこでこの記事では、サッカートレーニングにおすすめのアプリを紹介します。 サッカーコーチプロ 最初に紹介するサッカートレーニングアプリは、「Soccer Coach Pro」アプリです。このコーチングアプリでは、トレーナーが自分の好きなようにプレーをデザインすることができます。また、作成したフォーメーションやドリルを写真として保存、共有することができるのが特徴。 さらに、印刷したり、別のデバイスで閲覧したりすることもできるので、チームメンバーと共有することも可能です。 27/7フットボールコーチ 「27/7フットボールコーチ」は、タブレット端末向けのサッカートレーニングアプリです。そして、「27/7フットボールコーチ」は、最も直感的であり、ユーザビリティが高いのが魅力。 豊富なアイコンでプレーを指示したり、フィールドトレーニングに使用するエクササイズを作成したりすることができるので、楽しく利用することができます。 また、小さな子供たちを指導する場合、このアプリはサッカーの戦略やプレーを教えるのに最適です。作成したセッションはすべて自動的に保存され、印刷することもできます。そのため、アイデアをチームで共有することも可能です。 Coach Tactic Board:…

筋トレを始めても、3日坊主で続かないという人が多いのではないでしょうか? そのような方は、継続できるようにするために、しっかりと計画を手てることが大切です。そこでこの記事では、筋トレの計画を立てる方法を紹介します。 1. 具体的に考える まずは筋トレの目的を決めましょう。どの筋肉を鍛えたいのが、どれくらい体脂肪率を減らしたいのか、など目標を明確にすることが大切です。 この目標がしっかりとしていないと途中であきらめてしまいやすくなります。そのため、これは絶対に達成する、という強い気持ちで目標を設定しましょう。 2. 日にちを分ける 次にどれくらいの頻度で筋トレができる、ジムに通うことができるかを考えていきます。 筋トレができるのが週に3回以下であれば、すべての筋トレを全身運動にするのが最も効果的だとされています。 一方で週に4回以上筋トレができるのであれば、オーバートレーニングを防ぐために、日によって分けて筋トレをすることをお勧めします。例えば、1日はローイング、プルアップ、1日はプッシュアップ、スカルクラッシャー、1日はスクワット、ヒップスラスター、1日はケーブルウッドチョップ、バイシクルクランチなどを分けてトレーニングをしましょう。そうすることで、体に負担をかけることなく、バランスよくトレーニングをすることができます。 また、スケジュールを組む際には、週に1回は休息日を設けるようにしましょう。 3. セット数・レップ数・レスト数を決める スケジュールを決定したら、各エクササイズのセット数とレップ数を決めます。…

1 min read

ダイエットを成功させる秘訣は、何と言っても「摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすること」。多くの人はしっかりと運動をしていますが、カロリー計算を見逃している人が多いのではないでしょうか?確かに計算は面倒ですよね。 しかし、カロリートラッキングアプリを使えば、食事の記録が簡単にできます。また、数値だけでなく、自分自身の食生活を知ることもできます。 例えば、朝食を抜くと午前中にドーナツを食べてしまう、バランスのとれた夕食をとると深夜の間食が減る、など日常生活の多くの傾向に気が付けるようになるはずです。実際の食事の前や最中に、食事の内容を書いたり、タイプしたり、写真を撮ったりするだけでも、食生活についてか考えるいいきっかけとなります。 そこでこの記事では、栄養士もすすめるダイエットに最適なカロリー計算アプリを紹介します。 MyFitnessPal MyFitnessPalを「ダイエット・フィットネストラッカーの女王」と呼ばれているほどの人気のアプリ。栄養士が最もおすすめするアプリとして、当記事でも最初に紹介することにしました。 MyFitnessPalにはなんと500万種類以上の食品が登録されています。そのため、食べたものを簡単に記録することができ、すぐに量やタンパク質の含有量などの計算をしてくれます。 さらに、MyFitnessPalでは他のウェブサイトからアップロードされたレシピのカロリーを計算することもできます。年間49.99ドルを支払うと、食習慣をより深く掘り下げたり、VIPサポートを受けたり、バナーが表示されないようにするなどの追加機能が利用できます。毎月500円ほどなので、支払い価値のある優良コンテンツだといえます。 Fitbit Fitbitは歩数や活動量をモニターしてくれる便利なカロリー計算ができるアプリ。また、食事管理をしてくれるのがFitbitのいいところ。Fitbitでは食材を登録することで、炭水化物、タンパク質、脂肪の摂取量を毎日表示してくれます。そして、食べ物が健康全般にどのような影響を与えるかを解説してくれます。 その他にも、Fitbitは心拍数や睡眠の質などの詳細なデータも教えてくれます。総合的に健康管理をしてくれるので、非常におすすめなアプリだといえます。 HealthyOut ダイエットをしていても、たまにスイーツを食べてしまったり、レストランで外食をしてしまったりすることもあるでしょう。HealthyOutでは、そんな時に食事のアドバイスをしてくれます。 例えば、、HealthyOutは設定したカロリーを超えないレストランのメニューを提案したり、タンパク質、脂肪、炭水化物の量を表示したりしてくれます。さらに、ハートヘルシー、パレオ、ローカーボ、ペスカタリアンなどの条件を追加することも可能。レストランを検索することもできる、かなり優秀なアプリだといえます。 Lose…

サッカーはそれぞれのポジションで役割があり、これらのすべてがうまく機能することで実力を上げることができます。 では、サッカーをプレイするときには、どのようにポジションを決めるのがいいのでしょうか? この記事では、サッカーのポジションの選び方を紹介します。それぞれのポジションに求められる能力と共に解説してるので、ぜひ参考にしてみましょう。 ゴールキーパー ゴールキーパーはサッカーのプレイヤーの中で唯一手を使うことが許されている特殊なポジション。ゴールキーパーは最後の砦となる存在なので、ゴールキーパーの能力によって失点数が左右されるといっても過言ではないでしょう。 そんなゴールキーパーにはセービング能力が必要となります。相手のシュートコールを素早く判断し、ボールを止めに行ける勢いのある選手がゴールキーパーに向いているといえるでしょう。 センターバック センターバックとはサッカーにおいて守備の要となる存在です。相手のストライカーと直接ぶつかることが多いので、1対1の強さが求められるポジションだといえるでしょう。 センターバックが崩されてしまうとチームの失点につながることが多いので、基本的にセンターバックにはチームの中でも特に実力のある選手がおかれます。何としてでも相手の攻撃を破るという意志の強さと実力が求められるポジションだといえるでしょう。 サイドバック サイドバックとは守備と攻撃の両方をこなす大事なポジションです。 そのため、チームの中で一番走行距離やスプリントが多くなるポジションでもあり、スタミナが求められます。 また、サイドバックはセンターバックと同じように守備のポジションであるため、1対1の強さも求められます。 インサイドハーフ インサイドハーフはピッチ中央に位置することが多いので、広い視野を持っている必要があります。ボールから離れている場合でも、ゲームがどのように展開しているか常に判断する観察力が必要になるでしょう。…

1 min read

最近では多く人の健康への関心が高まっています。それに伴い、健康関連のガジェットが販売されており、たくさんのハイクオリティな商品が誕生しました。 そして、最近注目されているのがスマートスケールです。この記事では、スマートスケールには買う価値があるのかどうかを考えていきます。 スマートスケールとは? まずはスマートスケールが何かについて考えていきましょう。 スマートスケールとはただの体重計ではなく、インターネットと利用してアプリなどのデータを管理することができる体重計のことを指します。 これまでの体重計であれば、自分で体重を記録しなければいけませんでした。しかし、スマートスケールであればスマートフォンと接続することができるため、インターネットベースのシステムで自動的にデータを追跡・保存することができるのです。 体重計とういうと、単純に体重を図るための器具、というイメージだったのではないでしょか?しかし、スマートスケールでは体重を図るだけではなく、データの管理など多くのことを行うことができるのです。 スマートスケールでは何が測れるのか? スマートスケールは、体重を測定して自動的に記録します。しかし、スマートスケールはこれだけではなく、たくさんのことを測ることができます。 具体的に何が測れるかどうかはモデルによって異なりますが、例えば以下のものを測ることができます。 BMI BMI(ボディマス・インデックス)は、健康状態を判断するのによく使われる値であり、身長に対する体重の割合を示す数値となります。 BMIは次の計算式で算出することができます。  質量(kg)/身長(m)² BMIは、どれくらい太っているかを判断する際に指標にされます。一般的には18.5未満の場合は低体重、18.5~24.9は健康、25以上は過体重とされています。…

お米や麺類、パンなどの炭水化物は、脳の働きを活性化したり、エネルギーを作るために大切な役割をしています。一日に適量は食べる必要があります。 炭水化物の働き お米や麺類、パンなどの炭水化物は、体内に入ると糖質に変化するのでエネルギーを作る働きをしています。脳を活性化させて、集中力や気力を高める働きがあります。食べ過ぎると、すい臓に負担が掛かってしまい、血糖値が急上昇したり、太りやすくなってしまいます。血糖値が高めの人は、糖尿病などの病気を予防するために、血糖値が上がりにくい、そば、雑穀米、玄米、ライ麦パンなどを選んで食べるのがお勧めです。白米や菓子パンは、血糖値が上がりやすいので、血糖値が高めの人は適量を守って食べることが大事です。カレーやシチューなどのルーなどにも、炭水化物が含まれています。ゆっくりとよく噛んで食べることで、血糖値の上昇を抑えることが出来ます。30代後半を過ぎると、男女共に代謝が落ちて太りやすくなります。食べる量が少なくても、太りやすくなるので、低糖質の食事を心掛けることが大事です。ご飯やパンなどを食べる前に、野菜サラダやみそ汁、スープなどを食べることで、血糖値が上がりにくくなります。 糖尿病ではなく、健康な人は適量の炭水化物は食べることが大事です。 炭水化物は食べたほうがいい! 炭水化物はタンパク質、脂質などの3大栄養素と言われているので、生命を維持するために欠かせない栄養素のひとつです。さつまいもやじゃがいもなどは、比較的低カロリーなので、適量は食べても問題はありません。部活などでスポーツをしている人、肉体労働をしている人は、一日に必要な量の炭水化物を補うことが大事です。血液検査で血糖値が高めだと指摘されている場合は、甘いお菓子類、糖質を多く含んでいる食材は適量を守ることが大事です。糖尿病の治療中でも、たまには甘味が摂りたくなることがあります。インターネット通販の専門店では、低糖質のクッキーなどの焼き菓子、チョコレート、羊羹などが販売されています。甘味が欲しくなった時に、適量を食べるのは問題はありません。炭水化物は食べ過ぎると、内臓脂肪が付きやすくなるので、健康診断でメタボを指摘されている人は食べ過ぎは禁物です。書店やインターネットの本屋では、低糖質の献立が紹介されている書籍が販売されています。調理をする時は、上白糖よりも、きび砂糖や蜂蜜などを使用するのがお勧めです。きび砂糖や蜂蜜などは、ミネラル成分が豊富に含まれているので、上白糖よりもヘルシーです。 結論としては、炭水化物は私たちの体に必要なので、食べたほうがいいといえます。ただし、その量には注意をする必要があります。適度な量をただしく食べることが大切です。

1 min read

2020年の新柄コロナウィルスのパンデミックによる隔離期間中に、デジタルフィットネスがブームとなりました。ジムに行くことができなくなったことにより、自宅で簡単にできるフィットネスが注目されるようになったのです。 そして、自宅のフィットネスに利用できるガジェットもたくさん販売されるようになりました。 そこでこの記事では、自宅でのエクササイズをレベルアップしてくれる2021年のベスト・フィットネス・ガジェットを紹介します。 ウェーブローラー Wave RollerはTherabody社が販売してホームフィットネス用のガジェットです。Wave Rollerは、5段階の強度で治療効果のある振動を与え、筋肉の回復を促進してくれるというもの。さらに、このWave RollerはBluetooth対応となっているので、遠隔操作をすることもでき舞うs。 Wave Rollerではスマートフォンから、ローリングセッションをカスタマイズしたり、回復状況を追跡したり、携帯電話からガイド付きのウォームアップやクールダウンを行ったりすることができます。 スタジオ  FORME Life Studioは、フィットネスの専門店のような体験を自宅でできるスマートミラーのこと。 筋力トレーニング、カーディオ、ヨガ、ボクシングなど実際のトレーナーによるワークアウトを巨大なミラーで放送してくれます。…

新型コロナウィルスのパンデミックにおり、外出が自由にできなくなってしまいました。スポーツなども自由にできなくなってしまったので、体がなまってしまったという人もいるのではないのでしょか? 外でトレーニングができないということは、特にスポーツ選手にとっては、深刻な問題ですよね。 そこで、この記事では自宅でできるサッカートレーニングを紹介します。外で行くことができない、サッカーチームの練習がない、などの悩みを抱えている人はぜひ参考にしてみましょう。 リフティング リフティングは自宅で簡単にできるトレーニングの1つです。ボール1つでできる最も基本的なトレーニングだといえるでしょう。リフティングではボールコントールやボールタッチの感覚を身につけることができるので、サッカー初心者がまず取り組みたいトレーニングだといえます。 また、リフティングをする際には、インステップ→インサイド→アウトサイド→太もも→肩→頭など順番をつけるといいでしょう。そうすると、よりコントロール力を身に付けることができます。 リフティングであれば狭いスペースでもできるので、自宅で好きな時にやすことができるでしょう。 ボールタッチ ボール感覚を養いたい場合は、ボールタッチをするのもいいでしょう。ボールタッチがトレーニング?と思う人もいるかもしれませんが、日常的にボールに触れていることで、ボールを使う感覚を身に付けることができます。 足の裏やインサイド、アウトサイドなど様々な部位を使ってボールに触れる習慣をつけるようにしましょう。そうすると、自然とボールの扱い方がうまくなるはずです。 ボールの扱い方がうまくなると、フェイントなどにも生かすことができます。 ドリブル 自宅の廊下などを利用して練習できるのがドリブルです。ドリブルはサッカーの基本中の基本。試合の多くのシーンで必要となるので、絶対に練習しておいたいいものの1つです。 ドリブル練習を行う場合、ただまっすぐにドリブルするのではなく、障害物などを置いて、それをよけながら行うようにしましょう。そうすることで、よりドリブルのスキルをみにつけることができまうす。 また、利き足だけでドリブルするのではなく、逆足で行うようにすることでよりボールをうまく扱えるようになります。…